第216回日本語例会(2020/12/20)

ブログ

季節はすっかりと冬を迎え、日本海側は大雪に見舞われておりますが、府中トーストマスターズが行われる東京地方は爽やかな冬晴れの日曜日、第215回府中トーストマスターズクラブ日本語例会が開催されました。

■ビジネスセッション

本日の例会はオープンハウス例会ということで、エリアデイレクターと3名の他トーストマスターズクラブのメンバーさらには元府中トーストマスターズクラブメンバーの計5名のゲストを迎えて、さらには府中プラッツとZoom接続してのハイブリッド例会が賑やかに行われました。

■今日の言葉

■ 今日の言葉は「ぴえん」。新語として最近巷を賑わしている言葉だそうです。意味はちょっと悲しい状況を表した言葉ということです。何か難しい状況に直面したときに使う言葉ということで、例会の所々難しい局面にあったメンバーがたくさん使っていました。

■TMOD

■ 本日のToast Masters Of the Day(TMOD)は府中TMCのジェントルマンNさん。なんと中国語検定3級に合格したとのことで、今年良かったことの一つとして紹介されてました。Nさんは府中プラッツにて例会をハンドリングされてましたが、例会のメンバー、オンライン参加のメンバー、ゲスト全員にしっかりと目を配って素晴らしい進行をされてました。私は各役割の皆さん、準備スピーカーの皆さんのスピーチの後の心温まるNさんのコメントが大好きです。

■準備スピーチの部

■ 準備スピーチは3名でした。準備スピーチでは、5分から7分のあらかじめ用意してきたスピーチを行います。
 第1スピーチは「組織とリーダーシップ」をタイトルとして我らが会長Sさんが印象に残るスピーチをされてました。今から35年前の会社時代でのある新製品開発において、難しい局面を当時のSさんの上司の皆さんが、それぞれが違った形のリーダーシップを発揮して乗り越えたという話から、自分のリーダーシップを客観的にご説明され、されにはこの後府中TMCの会長として発揮すべきリーダーシップを自分の言葉で真摯に伝えられました。まさに府中TMCの会長としてふさわしいスピーチでした。
 第2スピーチは我らが会場係のTさん。タイトルは「オンラインとハイブリッドの狭間で」です。府中TMCの会場係として、COVIDー19危機の始まりの頃はこの状況がすぐに治るので、オンライン例会を短期的に楽しめば良いと思っていましたが、それがいつの間にか当たり前の形になってきた中、会場係として例会の場をどのように提供していけば良いのか、という葛藤などを交えつつ、他クラブのいいとこ事例などを適用していきたいという思いを語られてました。「どうやるのか」ではなく「なぜやるのか(know-why)」等言葉がとても印象的でした。
第3スピーチは「学びを活かす」をタイトルとしてFさんがメンタリングについてとても素晴らしいスピーチをされていました。Fさんが初めて論評を行ったときに、論評を行うスピーカーのIce breakスピーチがとても素晴らしく、改善点が見出せなかったことを当時のメンターに相談したという話から、ご自身がメンターから学んだこと、そしてそれをToastmastersだけでなく、ご自身の会社でどう活用していくかというとても印象深い内容でした。「改善点を見つけることがスピーカーへの敬意」という言葉がとても心に突き刺さりました。

■テーブルトピックスの部

■ テーブルトピックの部ではOさんがこの時期にぴったりなトピックをお題として出されていました。今日のお題は次の3つでした。
 「今年のクリスマスはどのように”工夫”sて過ごしますか?」
 「過去の忘年会での失敗談を教えてください」
 「お正月に家族でやったら面白いアクティビティを教えてください」
 テーブルトピックは元府中メンバーと、他クラブのトーストマスターメンバーが回答し、Best 賞は3番目のお題に答えた他クラブのメンバーTさんが受賞されてました。

■論評の部

■ 論評の部では、本日の準備スピーチのそれぞれに、別のメンバーが論評をします。スピーチの良かった点を確認し、次につながる改善点も提示します。論評にはある程度枠組みがありますが、スピーチを聞いてその場で構成を練る場合もあり、建設的なフィードバックを行うにはスキルと経験が求められます。今日は私はFさんの準備スピーチの論評を行いましたが、Fさんがスピーチで述べていたように「敬意を表して」改善点を提案させていただきました。

■結果発表

■ 例会の最後にはヘルパーからの報告があります。時間はもちろん、「今日の言葉」や「あー」「えー」と言った回数をカウントしたり、文法のチェックをしたり、トーストマスター独特のスピーチのチェック体制が敷かれています。それぞれのセクションでベストスピーカーがメンバーの投票で決められ、記念写真を撮って、ゲストの皆さんからコメントをもらって閉会という流れになります。COVIDー19の状況下でZoomで安心して参加できる府中TMCの例会にぜひお気軽に参加してみてください。

コメント